基準価格とは何かを理解しよう

基準価格が高いか安いかで投資信託の良し悪しを判断することはできない

投資信託の基準価格とは、簡単に言えば投資信託の現在の価格です。

基準価格は、投資信託の純資産総額を総口数で割って基準口数(1万口)を掛けたものとなります。基準価格はリアルタイムで変動するわけではありません。投資信託は複数の銘柄によって構成されているためリアルタイムで価格を表すことが困難なのです。基準価格は、一日に1回その日の取引が終了した段階で決定されます。

基準価格とは

この基準価格ですが、いくら価格が安いからといってその投資信託が割安であるということにはなりません。逆にいくら価格が高くても割高であるということではありません。

同じ運用する投資信託でも設定時期によって基準価格が異なる

一般的に、運用が開始された投資信託の基準価格は10000円からスタートします。よって、同じ運用をする投資信託でも運用が始まった時期によって基準価格が異なるのです。

例えば、2つの投資信託A、Bを例にとって解説します。

2つの投資信託は、まったく同じ株式を買って運用しているとしましょう。どちらの投資信託も手数料は同じです。Aの投資信託はリーマンショックの直前に運用が開始されました。当然、リーマンショックによって基準価格は10000円を大きく割り込んで6000円まで下がってしまいました。

ここでBの投資信託の運用が開始されました。運用開始時の基準価格は10000円です。この時点で基準価格は6000円と10000円でAの投資信託の方が割安だと感じる方もいるでしょう。しかし、この2つの投資信託は今後同じ動きをすることになります。Aの投資信託の基準価格が1万円に戻れば、その時のBの投資信託の基準価格は14000円になっているのです。

よって、Bの投資信託の運用が開始された時点でいえば、どちらの投資信託を買っても同じということになります。

基準価格の推移

基準価格はあくまで、その投資信託がどのような値動きで推移してきたかを表すものです。分配金がない投資信託の場合、自分が買った時に比べて基準価格が上がっていれば利益であり、下がっていれば損がでているということになります。また、例えば株式で運用する投資信託の場合、世界の株価が下がっているのにその投資信託の基準価格が上がっていれば、その投資信託は非常に優秀なパフォーマンスを出したといえるでしょう。

基準価格は異なる投資信託どうしの比較は出来ないことを押さえ、投資信託を選ぶ際に基準価格だけを比較して選択することがないようにしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ