投資信託とはどのようなものか

投資信託の仕組みを理解しよう

投資信託とは、たくさんの投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが株式、債券、不動産などに投資、運用をし、その成果として生まれた利益を投資家たちに還元するという金融商品です。

投資信託は預金などと比べて大きな利益を出せる可能性がある一方、投資した元本が保証される商品ではありません。しかし、分散投資によるリスク分散ができること、少額から投資ができることなどといったメリットがあり、近年資産運用の一手段として注目を集めています。

投資信託は以下のような会社によって成り立ち、投資家に販売され、運用されています。

「販売会社」・・・投資信託を投資家に販売します。証券会社、銀行、保険会社などが挙げられます。

「投資信託会社」・・・投資信託を企画し、実際に運用をします。ファンドマネージャーがいるのもここです。

「信託銀行」・・・投資信託会社が購入した株式や債券を管理します。

投資信託の仕組み

投資信託に携わる会社の役割を理解しよう

私たち投資家が投資信託を買う時は基本的に、銀行、証券会社などの「販売会社」を通して購入します。窓口での販売が多くを占めますが、ネット銀行、ネット証券での販売も増えています。購入時には「購入時手数料」と呼ばれる手数料がかかります。

最近では、はネット証券などを中心に購入時手数料がゼロであるノーロードとよばれる投資信託もたくさん出てきました。また、投資信託会社が直接投資家に投資信託を売る直販投信と呼ばれる投資信託も出てきています。

「投資信託会社」は、投資家から集めた資金を使って実際に投資信託を運用をします。例えば、日本株を中心に運用する投資信託を設定した場合は、日本株の中から銘柄を複数選択し分散投資をします。個人ではとても買うことのできない数の銘柄に投資するため、個別企業の業績悪化や倒産のリスクを回避できます。

運用中は「信託報酬」と呼ばれる手数料が発生します。これは投資信託を持っている限り毎日発生し続ける手数料です。また、投資信託を売る時に「信託財産留保額」と呼ばれる手数料がかかるものもあります。

投資信託会社が運用している株式や債券の管理、保管を行うのが「信託銀行」です。万が一投資信託会社や販売会社が倒産しても、投資信託の資産は全額保護されます。また、信託銀行が倒産してしまっても、信託銀行自体の資産とは別に管理がされているので投資信託の資産は保護されます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ