ドルコスト平均法を活用しよう

買値を平準化するためのドルコスト平均法

長期で投資信託の積立を行う際は、毎月一定額を積立てる方法が一番おすすめです。

これは、ドルコスト平均法というもので、価格が安い時には購入単価が下がり多くの口数を買うことができます。逆に、価格が高いときは、買う口数を抑えることができます。これにより、平均購入単価を下げるのです。

本当は、投資信託の基準価格が安い時に多くの額を積立し、高い時には積立をしないというのが理想なのかもしれません。

しかし短期的な視点でみると、現在の基準価格がは高いのか安いのか、そして、明日価格は上がるのか下がるのかは誰にも分かりません。

長期投資は、長期的には世界経済の拡大とともに基準価格が上昇していくことを前提としていますが、短期的な価格の変動を考えて投資をしたりはしません。短期的な価格変動を読むことは非常に難しいのです。あの時は高かった、あの時は安かったというのは、後になってやっと分かることなのです。

人間には欲望や恐怖心があります。投資信託の基準価格が値上がりしている状態の時、もっと儲けたいと思って買い増してしまい、結果的には高値で多くの口数を買ってしまうことが多々あります。逆に基準価格が低調な時は、まだ下がるのではないかと思ってしまい安値で仕込めるチャンスを逃してしまいます。

これらの欲望や恐怖心を排除し、機械的に積立を行えるのもドルコスト平均法の大きなメリットです。

ドルコスト平均法

優良な投資信託を選んでこそドルコスト平均法が生きる

では、ドルコスト平均法が万能な投資方法かといえばそうともいえません。

一歩的に値下がりを続けている駄目な投資信託を選んでしまうと、どれだけ購入できる口数が増えていっても最終的には損失が拡大するだけです。

ドルコスト平均法は、あくまで平均購入単価を下げることができる手法あり、最終的に投資信託が値上がりしていくことが大切であるということは変わりません。やはり長期投資に適した優良な投資信託を選ぶことは非常に重要となります。

また、一方的な上昇相場が続いた場合、結果的にはあまり口数が買えず、儲けが少なかったという場合もあります。しかし、一方的な上昇相場はいつまでも続きません。上がったり下がったりしながら上昇していく相場となればやはりドルコスト平均法は強いです。

長期に渡って投資を続けていくには、なるべくリスクを軽減する必要があります。安定した運用をしていくためにも、是非ドルコスト平均法を活用しましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ