長期投資はお金持ちへの第一歩

お金持ちになりたいと思うことは決して悪いことではない

お金に不自由なく暮らしたいだけではなく、将来はお金持ちになりたいという方も多いと思います。

お金持ちになりたいと思うことは決して悪いことではありません。

日本ではお金に対して悪いイメージを持っている方も少なくはありません。日本人は昔から直接お金の話をすることを良しとしてこなかった文化があります。そのためお金儲けの話をすると、意地汚い、いやらしいと思われたりすることがあるのです。

しかし本当でそうでしょうか。

お金があればいろいろなことができるのは事実ですから、私はお金持ちになりたいと思うのはごく自然なことだと思います。そして、お金を儲けるということは市場に対してそれだけ価値、サービス、機会を与えているともいえます。

例えば、企業の株を買って投資をするということはその企業に事業のための資金を貸出しているということです。そのお金を使って企業が新たな物、サービスを提供することによって企業が利益を出せば、その見返りの一部を受け取ることができるのです。

言い換えれば、投資によって企業に機会を与えたことによって、投資家、企業、物やサービスを受けた消費者すべてが良い思いをしたということです。

お金儲けをするということは悪いことではなく、むしろ関係している人全てに幸せをもたらすのです。

お金持ちがやっていることとは

しかし、お金持ちになりたいならば、お金を増やしていく方法は絶対に知っておかなければいけません。

世の中の多くの人は、サラリーマンとして働き、その労働の対価として給料をもらっています。そして、その給料が唯一の収入源となっています。堅実な方ならば、給料をしっかりやりくりし、毎月コツコツと貯金に励んでいるのではないでしょうか。

しかし、これではお金持ちには決してなれません。

世の中のお金持ちの方々を見ていると、ある共通点があることに気がつきます。それは、投資をしているということです。

投資といっても、株式の信用取引やFX、商品先物取引などのギャンブル性の高い投資ではありません。中にはこれらの投資で大金を稼いだという方もいるのかもしれませんが、ほんのひと握りです。本当にお金持ちの方々は、自分の仕事でしっかりお金を稼ぐ一方、世界の株式や債券、不動産などの資産に長期分散投資をすることによって、お金にもしっかり働いてもらっているのです。そして、世界の成長とともにそのリターンを享受しているのです。

本気でお金持ちになりたいと思う場合、まずは初めの第一歩を踏み出さなければなりません。長い時間をかけて長期投資をしていけば、大金持ちは無理かもしれませんが、生活する上で何不自由なく暮らし、多少の贅沢もできるような小金持ちにはなれます。

早く始めれば始めただけ長期投資の恩恵は大きなものになります。まずは第一歩を踏み出しましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ