初心者におすすめの投資信託は?

2014年1月より始まったNISA(少額投資非課税制度)をきっかけとして投資というものが少しずつではありますが浸透してきたのではないでしょうか。中でも投資信託は、銀行や証券会社が様々な新商品を相次いで投入するなど、新しい動きが出てきています。

しかし、証券会社の口座開設はしたけれどまだ具体的にどんな投資信託を買って良いのか分からないという方もいると聞きます。

そこで今回は、数ある投資信託の中から投資初心者におすすめな投資信託を解説していきます。

まず、投資初心者はバランス型のインデックスファンドを買うべきでしょう。

バランス型とは、あらかじめ投資対象を国内外の株式、債券、不動産など複数の資産に分散してあるものを指します。バランス型の場合、1つの投資信託を買うだけで資産の分散が完了するので、複数の投資信託を買って管理をするという手間が要りません。また資産の増減によって資産のバランスが変わったとしても自動的にバランスを整えてくれるので、基本買ってからは何もする必要はありません。デメリットとしては、自分で複数の投資信託を組み合わせるより多少信託報酬が高くなりますが、投資初心者の場合、管理運用の手間を考えるとバランス型1本で済ませるほうが良いでしょう。

またインデックスファンドとは、市場の平均指数と同様の動きを目指したファンドで、対となるアクティブファンドに比べて信託報酬が安いです。(詳しくはインデックスファンドとアクティブファンドを参照)

また、なるべく手数料の安いファンドを選ぶことも大切です。手数料には「購入時手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」の3種類があり、長期投資の場合、手数料によって将来の資産に大きな差が出る場合があります。(詳しくは投資信託の手数料を理解しようを参照) 特に投資初心者が銀行の窓口などでおすすめの投資信託を聞くと、手数料の高いファンドを売りつけられる可能性が高いので注意しましょう。

以上いくつかのポイントをふまえた上で具体的に初心者におすすめの投資信託をピックアップします。

4つの投資信託とも、バランス型のインデックスファンドであり、業界屈指の低コストを実現しています。それぞれ投資している資産が違うため、自分の好みにあった投資信託を選ぶとよいでしょう。

初心者の方は、まず購入してみることが大切です。実際に投資信託を購入してみて見えてくることは沢山あります。投資信託のメリットとして少額から投資ができるということが挙げられます。自分の許容できるリスクの範囲内でスタートするということはとても大切なことです。初心者の方はまず少額から積立投資を初めてみてはどうでしょうか。



いつも応援いただきありがとうございます!



サブコンテンツ

このページの先頭へ