積立投資を始めるベストタイミングとは

よく「投資信託の積立投資を始めるタイミングはいつが良いですか」、といった質問を受けることがあります。

おそらくこのような質問をされる方の多くは、「今は基準価格が高いから安くなってから買おう」、「基準価格が更に下がりそうだから下がったら買おう」などといった思いがあるのかと思います。

すなわち、言い方を変えればこの質問は、「どのタイミングが安値ですか」と聞いているのようなものです。

株式のスイングトレードなどでは、1ヶ月後の株価が上がるか下がるかを予想して売買をしたりしますが、私たち長期投資家は世界経済の成長の果実を10年、20年かけて享受することを目的としていますので、短期的な値動きを気にすることはありません。

当然、1ヶ月後の基準価格が今よりも高いか安いかは分かりませんし、それほど重要なことでもありません。

積立投資を始めようと思い立ったときがベストタイミング!

積立投資タイミング
<出典 : http://asset-formation.com/2015/12/18/column-fund-5/>

投資信託の積立投資を始めるベストタイミングは、積立投資を始めようと思ったその時です。

長期的に見て最終的に世界経済が拡大し、基準価格が今よりも高い水準まで上昇すると仮定した場合、短期的な値動きはほとんど関係ありません。

そもそも短期的な値動きは予想することが困難ですし、購入するタイミングが遅くなればなるほど積立総額は減少してしまいます。

例えば、「今は株価が高値圏にいそうなので1年ぐらい様子を見よう」と考えたとします。

1年後に今よりも安い水準になっているとは限りませんし、仮に1年後に今よりも安い水準まで下がっていたとしても、20年後に今よりもかなり高い水準まで基準価格が上昇していた場合、結果的には早く積立を始めたほうが資産が拡大していたことになります。

それならば安い時に沢山積み立てておき、高いときには買わなければ良いのでは、という方もいるかもしれませんが、そもそもそれが出来ればだれも苦労はしません。

安い時、高い時が分からないからこそ、毎月定額を積み立てる投資が有効なのです。

今から投資信託の積立を始めてみようと思っている方は、少額からでも良いので今すぐスタートすることをおすすめします。

今現在の価格が安いか高いかはあまり関係ありません。

積立投資は結果的に早く始めれば始めるほど有利であり、最終的に大きな資産を作り上げることができる可能性が高まるのです。



いつも応援いただきありがとうございます!



サブコンテンツ

このページの先頭へ