新商品の投資信託を買ってはいけない

新商品の投資信託はしばらく実績を見てみるほうが良い

銀行や証券会社の窓口で新商品の投資信託を勧められても安易に購入してはいけません。

確かに、優良な投資信託にも新商品だった期間があるわけで、新商品がすべて駄目というわけではありません。しかし、優良な投資信託は運用実績をコツコツ積み上げ、後から見てみると結果的に優良だったというわけで、新商品の段階ではやはり優良かどうかの判断はできないのです。目論見書をしっかり読めば判断できるのでは、という方もいるかもしれませんが、始めて投資信託を初めようかという方が目論見書を読んだだけで購入判断をするのは危険です。

そもそも、投資信託の大半は追加型であり、運用が開始された後でも自由に途中参加ができるのです。運用開始前の募集期間中に参加したからといって何か大きな特典があるわけでもありません。ある程度運用実績をみた後に購入判断をする方がメリットは大きいです。信託報酬は安かったが実は実質コストは想像以上に高かったなんてこともあります。

銀行や証券会社の窓口は危険がいっぱい

特に、銀行や証券会社の窓口へ行く方は注意をしなければいけません。今もすごい勢いで増えている投資信託ですが、現在の日本では、銀行や証券会社などの販売会社が窓口で購入を勧めてくる新商品はすべてハズレといって間違えありません。

販売会社は、自分たちの利益である「購入時手数料」をなるべく多く取るために、投資家には次々に投資信託を買い換えていってもらわなければなりません。窓口でおすすめの投資信託を聞くと間違えなく新商品を勧めてくるでしょう。

新商品を売る → その商品の運用がうまくいかなくなる → 次の新商品に乗り換えさせる → その商品の運用がうまくいかなくなる → 次の新商品に乗り換えさせる

という悪い循環によって資産を減らしてしまう方が多いのが今の日本の投資信託の現状です。投資信託を運用する投資信託会社よりも販売会社のほうが立場が強く、販売会社の金儲けの道具と成り下がっている投資信託が多くを占めているのです。

しかし、近年は日本でも優良な投資信託が沢山出てきています。購入時手数料がゼロのノーロード投資信託もネット証券を中心に広がりを見せています。しかし、いくらノーロードといっても、いくら信託報酬が安くても、やはり新商品は避けたほうがよいでしょう。しっかりと運用実績を積んだ優良な投資信託はたくさんあるので、運用実績をみながら自分で投資判断を下すのです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ