販売手数料や信託報酬の高い投資信託を買ってはいけない

投資信託の運用成績を大きく左右するのが手数料です。

(参考 投資信託の手数料を理解しよう

普通お店に売っている商品などは、一般的に価格が高いほうが品質が高いものが多いですが、投資信託に限っていえば、手数料が高いからといって運用が上手なわけではありません。
(むしろ、手数料が高い投資信託の方が運用成績が悪いといったことも普通にあります。)

投資信託というのは、何年、何十年もの長期で運用していくものなので、少しの手数料の差が後々大きな運用成績の差となって表れます。

手数料の高い投資信託を買ってしまうと、銀行や投資信託会社を儲けさせるために投資をする、ということにもなりかねませんので注意しましょう。

購入時手数料(販売手数料)はノーロードのもの以外は買ってはいけない

購入時手数料(販売手数料)は、投資信託を購入する際に一度だけかかる手数料ですが、購入時手数料に関しては0円、すなわちノーロード投資信託以外は買ってはいけません。

そもそも購入時手数料は、投資信託を運用してくれる投資信託会社には支払われず、その投資信託を代わりに販売している銀行や証券会社に支払われます。

銀行の窓口などで投資信託を紹介されることがありますが、あれは投資信託会社が運用する投資信託を銀行が顧客に売ってあげる代わりに、その紹介料として顧客が銀行に手数料を支払っているのです。

銀行の購入時手数料は3%前後が相場ですが、冷静になって考えればこんな馬鹿げた手数料はありません。

例えば100万円を運用する場合、購入時手数料が3%だとすると、3万円もの手数料を引かれた状態で運用がスタートするということです。

債券の利回りが年率1%程度の時代に手数料が3%では、いきなり運用効率は大きく悪化してしまいますし、そもそもこのような投資信託を売ろうとする銀行は、顧客に儲けてもらおうとも思っていません。

顧客から購入時手数料を頂き、その投資信託の運用成績が悪化したら次の投資信託への乗り換えを促し、また購入時手数料を頂く、という方法で顧客から手数料をなるべく多く支払ってもらおうとするのです。

近年はインターネット証券を中心に購入時手数料が0円のノーロード投資信託もたくさん登場してきていますので、わざわざ窓口に行って余計な手数料を支払う必要はありません。

購入時手数料(販売手数料)がかかる投資信託は一切買ってはいけないということを覚えておきましょう。

信託報酬が高い投資信託は買ってはいけない

信託報酬は、運用期間中恒久的にかかり続ける手数料であるかつ、信託報酬の高低と運用成績の善し悪しは全く関係ありませんので、信託報酬はとにかく安ければ安いほうが良いです。

例えば、信託報酬が年率0.5%の投資信託と年率1.5%の投資信託では、運用成績が全く同じだったと仮定すると、毎年運用資産の1%分の差が出ることになります。

複利効果を考えると、数十年後にはとんてもない資産の差が出ることになるので、初めに信託報酬が低い投資信託を選んでおくということがとても大切なのです。

近年は、低コストインデックスファンドを中心に超低コストの投資信託が沢山登場しており、逆に信託報酬の高い駄目なファンドは淘汰される傾向にあります。

あえて具体的な数字を挙げさせてもらうと、信託報酬1.5%以上の投資信託は投資価値なしです。

アクティブファンドはインデックスファンドに比べて運用コストがかかるため、信託報酬は高いのですが、それでも1.5%以上は高すぎます。

(参考 インデックスファンドとアクティブファンド

信託報酬はなるべく安いものを、そして信託報酬が1.5%以上の投資信託は投資対象外、ということを覚えておきましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ