分配金再投資型の投資信託を選ぼう

分配金受取型と分配金再投資型

すべての投資信託には決算日が設けられており、決算日には投資家に対して分配金が支払われます。そして、投資信託には分配金受取型の投資信託と分配金再投資型の投資信託があります。

分配金受取型の投資信託とは、決算日に支給される分配金を自分の証券口座にて受け取るものです。一方、分配金再投資型の投資信託とは、決算日に支給される分配金を受け取らずに同様の投資信託に再投資するものです。注意点として、分配金受取型でも分配金再投資型でも、分配金を出した場合、その分配金には税金がかかるということです。よって、分配金受取型の場合は税引き後の分配金が支給され、分配金再投資型の場合は税引き後の分配金を再投資することになります。

現在の日本では、分配金を一切支給しない投資信託は禁止されています。理由として税制上の問題があるといわれています。永久無分配の投資信託は、解約時までまったく税金がかからないため国にとっても面白くはないのでしょう。これにより、長期投資を見据えている投資信託は、数年に一度僅かながらの分配金を出しているのが現状です。当サイトおすすめの世界経済インデックスファンドSMT(スマート)インデックスシリーズなどが良い例です。

分配金を支給しない投資信託がない以上、現状はせめて分配金再投資型の投資信託を選択しましょう。毎月分配型などの分配金受取型の投資信託は運用効率が大幅に低下しますので選択してはいけません。

分配金を一切支給しないと言い切る投資信託もある

現状は永久無分配の投資信託が設定できない以上、すべての投資信託は分配金を支給しなければいけません。長期投資を見据えたファンドは、分配金を0円とすることによって事実上の無分配を保っています。しかしそれは法の網の目を潜っているにすぎず、上でも紹介した世界経済インデックスファンドやSMT(スマート)インデックスシリーズなどは最近僅かながら分配金を出しています。

その中で、分配金は絶対に支給しないと言い切るファンドもあります。元祖長期投資家で長年市場での現場経験も積んできた、澤上篤人氏が立ち上げたさわかみファンドは、分配金は絶対に支給しないと明言しています。また、当サイトでもおすすめしているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを運用するセゾン投信も分配金の支給には断固反対です。

長期投資において分配金を支給するメリットはありません。今後日本の投資信託がさらに良くなるためにも、分配金のあり方について良い進展があることを願っています。



サブコンテンツ

このページの先頭へ