「経済情勢」の記事一覧

トランプ大統領誕生でも、人々の生活がなくなることはない

11月8日に行われたアメリカ大統領選挙で、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利し、トランプ大統領の誕生が現実となりました。 事前の世論調査などでは、民主党のヒラリー・クリントン候補優勢が伝えられてきた中での出来事で、世界中のメディアは速報を驚きをもって速報を伝えました。 トランプ氏は度々過激な発言を繰り返しており、代表的なものには以下があります。 メキシコとの国境に壁を作り、その費用をメキシコに負・・・

長期投資家は世界同時株安でも慌てることなかれ!

暴落といっても今のところたいした水準ではない ここ一週間で世界中で株価が大きく下落しています。 2015年8月24日現在、日経平均株価は18540円と約半年ぶりの安値。中国の上海総合指数も3209ポイントと前日より8%以上も大幅に下落して約半年ぶりの安値。アジアの新興国やヨーロッパ、アメリカの市場でも軒並み株価が下落し、まさにに世界同時株安の状態です。 市場経験があまり長くない場合、普段とあまりに・・・

ギリシャ問題や中国株式の下落があっても長期投資に影響はない!

最近のギリシャや中国での混乱について ここ1ヶ月程、ギリシャの金融危機の問題が取り沙汰されています。 ギリシャが年金の支給や公務員の厚遇などで撒いた種とはいえ、ユーロという統一通貨を使っていることによってその問題は深刻になりつつあります。 今回はギリシャが年金支給開始年齢の繰り上げ、付加価値税や法人税の引き上げなどの改革案をまとめ、最終的にはEUから新たな支援で合意する可能性はありますが、今回の件・・・

経済活性化には高齢者から若年者への資産移転が必要!

高齢者層に偏った日本の金融資産 ここの所の日本経済は長く暗いトンネルの先に一筋の光が見えてきたという感じがします。 輸出企業を中心として企業業績が回復し、日経平均株価も一時ITバブルの時を越えて18年ぶりの高値を付けました。 ただしこれからも日本経済が長期的な成長を持続させていくためには個人消費の増加が絶対に欠かせません。個人消費の増加には給与所得の向上や安定した仕事などももちろん大切ですが、もう・・・

株価が上昇している時こそ冷静に!

世界中で株価が堅調に推移しているが・・ ここ最近、全世界中で株高の流れが続いています。 アメリカのNYダウ、ドイツのDAXは連日高値を切り上げ最高値圏、日経平均株価もITバブル以来15年ぶりの高値圏である18000円台後半まで値を上げています。 アメリカは経済が好調で、失業率もリーマンショック前の水準まで回復、個人消費や住宅販売も堅調です。ヨーロッパや日本は大規模な金融緩和の影響で緩和マネーが株式・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ