SMT インデックスバランス・オープン

SMT インデックスバランス・オープンは、三井住友トラストアセットマネジメントが運用するインデックスファンドです。

日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、先進国債券、新興国債券、日本REIT、先進国REIT、新興国REITの9つもの資産に分散投資をするバランスファンドで、信託報酬は年率0.54%を実現しました。

全世界の株式、債券、不動産への分散投資を行っているため、この投資信託1本を積み立てるだけでも構いません。

ポートフォリオの割合としては、株式:債券:REIT(不動産)=40%:40%:20%で、すべてのアセットにバランスよく投資している印象です。

また、日本株式の割合が4%、日本債券の割合が4%と日本への投資が少なめに設定されています。

さらに、バランスファンドとしては珍しく新興国REITに投資をしているのも特徴です。

世界経済インデックファンドおよびeMAXISバランス(8資産均等型)と信託報酬が同額なので、自分の好みにあったポートフォリオを選択するのが良いでしょう。

資産配分状況

smt%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3

SMT インデックスバランス・オープンの概要

投資対象 世界の株式、債券および不動産投資信託証券
分類 追加型投信
償還日 無期限
決算日 年2回
為替ヘッジ なし
販売手数料 0円
信託報酬 0.54%(年率)
信託財産留保額 0.1%
分配金 再投資型

SMT インデックスバランス・オープンの純資産総額は2016年現在26億円程度と、まだ歴史が浅いファンドのため少なめです。ただ設定来、純資産総額は右肩上がりに伸びており、これからもこのまま伸びていくことが期待されます。

SMT インデックスバランス・オープンの感想、評価

バランスファンドとしては最多の9つのアセットに分散投資を行っていながら信託報酬はかなりの低コストを実現しており、これからが楽しみなファンドです。

先進国への投資も厚めですが、なんといっても新興国への投資が株式、債券、REITを合わせると35%に達し、これから起こるであろうめざましい成長を十分に享受することができる可能性のあるファンドではないでしょうか。

ただ新興国の割合が高く、短期的には値動きが荒くなりがちなので、本当に長い目で資産の増加を見守っていける方におすすめです。

また日本市場への投資が少なめなので、日本へもっと投資をしたいという方はeMAXISバランス(8資産均等型)などの方が良いかもしれません。

SMT インデックスバランス・オープンをノーロードで購入できるおすすめの証券会社を以下で解説!

SBI証券の特徴、評価、評判

楽天証券の特徴、評価、評判

マネックス証券の特徴、評価、評判



サブコンテンツ

このページの先頭へ