iFree 8資産バランス

iFree 8資産バランスは、大和証券投資信託が運用するインデックスファンドです。

日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、先進国債券、新興国債券、日本REIT、先進国REITの8つのアセットに12.5%ずつ均等に投資をするバランスファンドで、信託報酬は年率0.2484%と極めて安くなっています。

同じ資産配分であるeMAXISバランス(8資産均等型)の信託報酬は0.54%なので、なんとコストは半分以下となります。

株式:債券:不動産=1:1:1、と資産配分のバランスもよく、このアセットアロケーションが気に入っているならば間違えなく投資したいバランスファンドです。

資産配分状況

emaxis%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3

iFree 8資産バランスの概要

投資対象 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券
分類 追加型投信
償還日 無期限
決算日 年1回
為替ヘッジ なし
販売手数料 0円
信託報酬 0.2484%(年率)
信託財産留保額 0%
分配金 再投資型

iFree 8資産バランスは設定されたばかりのファンドなので純資産総額はまだ少ないです。

純資産総額は今後増加していくと思われますが、万全を期する方はしばらく様子を見ても良いでしょう。

iFree 8資産バランスの感想、評価

eMAXISバランス(8資産均等型)と同じ資産に分散しているにもかかわらず、この低コストを実現できた大和証券投資信託にはまず賞賛を送りたいと思います。

同じ信託報酬のバランスファンドで、三井住友・DC年金バランス50(標準型)<マイパッケージ>がありますが、このファンドは日本株式、日本債券への比重が高くなっているため、母国である日本へ多めに投資したいという方でなければiFree 8資産バランスの方が分散効果は高いでしょう。

ただし注意点として、iFree 8資産バランスの新興国株式部分に関しては、一般的なMSCIエマージング・マーケット・インデックスではなく、FTSE RAFI エマージング インデックスをベンチマークとしており、簡単にいえば、通常のインデックスよりもややアクティブ気味なインデックスに投資をしているといって良いでしょう。

あくまで新興国株式部分だけの話で、それを考慮してでも8資産バランスで信託報酬年率0.2484%は素晴らしいと思います。

まだ設定間もないことから純資産総額は少ないですが、今後純資産が順調に増えてくれば、バランスファンドの最有力候補間違え無しとなるでしょう。

iFree 8資産バランスをノーロードで購入できるおすすめの証券会社を以下で解説!

SBI証券の特徴、評価、評判

楽天証券の特徴、評価、評判

マネックス証券の特徴、評価、評判



サブコンテンツ

このページの先頭へ